はろうぃんにまつわる日本文化

1990年ごろから日本でも認知度が広がりました。

 

やはり、そのきっかけは、映画「E.T」(1982年: スティーヴン・スピルバーグ 監督)の 爆発的大ヒットから始まったといわれてます。

 

子供が仮装・衣装をきて近所のおうちにお菓子をもらいたずね歩くイメージは ここから入ってきたのかもしれません。

その後は、東京ディズニーランドでも取り入れるようになり、ますます日常的に浸透しつつ あるイベントの日とされています。

 

衣装はもっぱら小悪魔的な要素が多く、愛らしさ漂うイメージがある
ハロウィンですが

日本では、妖怪~、起動戦士ガンダムの衣装をきるなどコスプレ系統に移行しつつあるようです。

しかし、ハロウィンの衣装はやっぱり、 ドラキュラ、おばけ、コウモリ、
魔女、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神
などが主流ですよね。

 

第3の商戦

海外の文化が浸透しやすい日本では、クリスマス、バレンタインデーにつぐ商戦日としても認知度が高まりつつあります。

 

最近は、ケーキ屋さん、大手デパート、菓子メーカーではもはや外せない重要なイベント日になっております。

 

むしろ、販売商戦の為に海外のお祝い日幸いと、日本の大手メーカーが故意に認知度を高めてきたのかもしれませんね。

 

 

 

Halloweenといえばランタン(ジャックランタン)

ランタンとはちょうちんの事。

かぼちゃの目と鼻、口をくりぬき、おそろおそろしい雰囲気の顔にしたてあげ、内側にロウソクの火をともし飾るのが一番メジャーなハロウィンランタンのイメージですね。

 

アメリカではパーティが日常的に開かれているのですでにランタンはハロウィンに必要なアイテムになっていますが、日本でも、クリスマスに飾るクリスマスツリーのように、今後は必ずや必須アイテムとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ハロウィンランタンをつくったら、庭や家の前に置いておくと

近所の子供たちがお菓子をねだりに来るかもしれませんね。なんと微笑ましい事でしょうか。

 

ただ、残念なが事に海外では巨大なかぼちゃは比較的入手しやすいですが、日本では予約が必要なほど巨大なかぼちゃの入手は難しいので、簡単にはランタンは作れないのが残念です。

 

 

 

 



 

 

 

相互リンク